ウォーターサーバーの定額料金

ウォーターサーバーの定額料金 ウォーターサーバーを導入したいという人達の中で、やはり多くの人は、価格のことが大変気になっているようです。もちろん、ウォーターサーバーは、水道の水を利用している人達よりもお金がかかるものです。コストの面を考えつつウォーターサーバーを選択したいというときは、一体どのようなものを選ぶとよいのでしょうか。

ウォーターサーバーを利用するときは、サーバーレンタル料、水の代金、メンテナンス料、宅配料金、電気代の支払いをすることになります。ここで一番意識しなければならないのは、水の代金ということになります。

ウォーターサーバーには、水を使った分だけ支払うという方法があり、さらに定額支払いでいくら使っても料金が変わらないという方法があります。ウォーターサーバーをたくさん使いたいという人には、定額支払いが向いているでしょう。ただし、実際に定額がいいと思いたっても、レンタル料や宅配料は無料など、ウォーターサーバー業者によって様々な違いがありますので、結論は総合的な判断をしてから出さなければなりません。

また、定額料金の支払いでも、お得にならない場合もあります。 家族が少なく、水の使用量がそれほど多くない場合は、定額料金のタイプよりも、水を使用した分だけ支払いをするタイプの方がよいでしょう。まず、ウォーターサーバーを利用しようと思ったときには、ご自身の家庭で、どの程度水を利用するのか把握をすることが必要となってきます。仮にあなたが一滴も飲まなかったとしても、定額料金タイプでは満額の支払いが必要となってしまうので、注意をしましょう。

ウォーターサーバー業者は、 水の売り上げで利益を出すため、サーバーのレンタル料金を無料にするなど様々なサービスを提供しており、定額の観念は、ウォーターサーバー業界の常識を覆すものです。定額料金制は、飲みすぎ、使いすぎを使用している人たちが一切気にする必要がない方法です。支払いしなければならない料金も低価格となっています。

12リットル入りボトルの料金が1000円~2000円程度なので、1ヶ月にボトル5本以上を消費できるかどうかが、お得な生活の境界ラインとなりそうです。もちろんオフィスや店舗での利用なら、大きく元を取ることが可能ですが、一般の家庭なら3~4人程度の家族向けではないでしょうか。夏場では水の消費量が多くなる傾向がありますので、年間を通して考えることもポイントです。

最新ニュース